家づくりに関するマメ知識

あれは9年ほど前の出来事だったと思います。
ウチの家から数えて数件目の家に泥棒が入りました。
私の住んでいるところは、新興住宅地が立ち並ぶ静かなところです。
前を見ても、横を見ても個人の家が建っているだけです。
しかも、共働きの家が多くおじいちゃんや、おばあちゃんがいるところは少ないです。
それに、昼間はほとんど道を行き来する人がいません。
静かなところです。
泥棒にとっては好都合の環境だといえます。
ちょうど泥棒が入る1ヶ月前に隣の家からウチの家に電話がありました。
隣もウチも専業主婦が家を守っています。
そして、お隣さんといってもほとんど顔を合わすことのないお隣さんです。
それが、急に電話をくれて「お宅の2階から自分の家の庭を覗いてみてくれませんか」と言うのです。
理由は、誰かが庭にいるような気配がするけれど、分からないから見てほしいというのです。
すかさず、私が2階へ上がって覗いてみると誰もいません。
そのことを告げると安心されたのですが、それから1ヶ月ぐらいして別の家に泥棒が入りました。
泥棒に入られたお宅は、共働きで子どもたちは中学生と高校生でした。
この子どもたちは、夕方にならないと帰ってきません。
つまり、朝出かけてから夕方まで留守なのです。
しかも、塀が高くて侵入者がかがんだら見えなくなる条件でした。
警察がたくさん来て、聞き込み調査をしていきましたが何の手がかりも、目撃者もいませんでした。
町内会でも集会が開かれ、みんなで気をつけて頑張ろうということになりました。
泥棒は1度入るとまた来るといいます。
同じ人が来るのではなく、狙われやすい家は色々な泥棒から狙われるといいます。
犬を飼うのも一つの手です。
防犯グッズやセキュリティー会社に依頼するのもいいと思います。

Copyright (C)2016家づくりに関するマメ知識.All rights reserved.